事業報告


日韓親善交流

  • 日付:8月11日~13日 場所:韓国昌原市鎮海区

     

     第51回日韓親善交流が行われました。本年は長門市の中学生10名と共に韓国昌原市鎮海区に訪問いたしました。姉妹締結している鎮海青年会議所の皆様と鎮海区中学生と共に様々な食文化・歴史文化・商業文化に触れることができました。参加した中学生が終始笑顔で疲れを知らず楽しんでいた様子が印象的でした。来年は同じメンバーで長門で交流する予定です。日本の文化を体験して頂けれるよう準備していきたいと思います。何はともあれ台風・渋滞等、心配事は多々ありましたが、大きな事故もなく無事いい交流ができました。参加して頂きました皆様、本当にありがとうございました。

     

署名活動

  • 日付:8月2日 

     

     山陰新幹線早期開通に向けての署名活動を萩の夏祭りにて行ってまいりました。お祭り会場にブースを設け、中国地区協議会の経済再生委員会と萩青年会議所と共に活動しました。会場では子供からお年寄りまで署名していただき、おかげさまで1000名弱の署名を集めることができました。ご協力いただきありがとうございました。

     

わんぱく相撲全国大会

  • 日付:7月28日~29日 場所:両国国技館
       

     

     東京の両国国技館で行われたわんぱく相撲全国大会に参加してまいりました。予選を勝ち抜いて出場した選手達は、大会前日に相撲部屋に宿泊し、ちゃんこ鍋を食べたりと貴重な経験をすることができました。大会当日も白熱した取組が数多くあり、応援するメンバーにも自然と力が入りました。参加した子供達には、今回の経験を心に刻み、今後に生かしていってもらえたら嬉しいです。

     

    結果は以下の通りです。

    4年生代表 坂元 逞 君  2回戦 敗退

    5年生代表 田中 碧一 君  初戦 敗退

    6年生代表 前田 優希 君 2回戦 敗退

     

新入会員セミナー

  • 日付:7月25日 場所:長門市中央公民館

     

     長門市中央公民館にて、入会2年未満の会員を対象に新入会員オリエンテーションを開催しました。内容では「青年会議所とはどのような団体で何のために活動しているのか」などを参加した会員が理解することで、より積極的に取り組んでくれるようになったのではないかと思います。また、宣言文やJC用語についても学ぶことができ、これからは意味を理解した上で発言することができるようになってほしいです。オリエンテーション後の懇親会では、先輩会員と新入会員の意見交換もでき、有意義な会となりました。

     

ハングル講座

  • 日付:7月25日 場所:長門市中央公民館

     

     8月に行う日韓親善交流事業に向けて、参加する中学生と共にハングル講座・オリエンテーションを行いました。みんな積極的に発声し、真剣に取り組んでいました。韓国では本日学んだハングルを話しながら、良い交流できればと思います!御参加頂いた皆様ありがとうございました。

     

7月例会

  • 日付:7月17日 場所:長門商工会議所3階
     

     

     長門商工会議所にて7月例会が行われました。今月は「PDCAサイクルについて学ぶ」をテーマにして行う計4回のうちの2回目の例会で、前回の例会や今月の例会までの時間を使って出した意見を参考にP(計画)となるプランニングを行いました。グループに分かれてのディスカッションでは詳細までをしっかりと話し合い、具体的な計画を立てることができました。今後は、今回立てた計画を10月例会までにD(実行)して行く予定です。また、この例会から新たなメンバーも加わり、後半の事業に向けて士気も高まり、より一層盛り上がって行きそうです。

     

キッズトライアスロン

  • 日付:7月15日 場所:さわやか海岸
         

     

     ながとヨットフェスタ2018が開催され、さわやか海岸にて行われたキッズトライアスロンの運営に参加してまいりました。小学校で経験できるスポーツには限りがありますが、その中で今回のトライアスロンが、夢の選択肢の一部になれば嬉しいかと思います。

     

西日本豪雨災害ボランティア

  • 日付:7月12日 場所:岩国市
       

     

     6月下旬より西日本を中心に継続的に降り続いた記録的豪雨は各地に甚大なる被害をもたらしました。長門青年会議所は、被災地の一つである岩国市でボランティア活動に参加してまいりました。炎天下での土砂の撤去作業となり、被災地の厳しい現状を痛感致しました。この災害に際し、犠牲になられた方々に心より哀悼の意を表しますとともに、ご自宅被害・避難生活など不自由な 生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上け゛ますとともに、被災地の一早い復興を心よりお祈り申し上げあげます。

     

海岸清掃

  • 日付:7月01日 場所:さわやか海岸

     

     さわやか海岸にて行われた海岸清掃に参加して来ました。今年も7月15日(日)開催のヨットフェスタで行われるキッズトライアスロンの会場として使われるさわやか海岸をみんなでキレイにすることができました。メンバーの子供達も参加してとても楽しかったです。

     

日韓協賛ゴルフ

  • 日付:6月24日

     

     心配された天気は嘘のように晴天に恵まれ、長門市内外より134名の参加を頂きまして、日韓親善交流協賛ゴルフ大会を開催致しました。ご協賛頂きました協賛費は全て8月に行います日韓中学生同士の交流事業に使わせて頂きます。未来の長門を担う世代の国際感覚の醸成、国を超えた友情の育成の一助となればと思います。夏に向けてしっかりと準備していきたいと思います!参加頂いた皆様本当にありがとうございました。

     

6月例会

  • 日付:6月18日 場所:長門商工会議所3階
     

     

     長門商工会議所にて6月例会が行われました。今年は、初の試みということで「PDCAサイクルについて学ぶ」をテーマに4回の例会を使って学びを得る担当例会を開催することになりました。普段1回ずつで完結する担当例会を4回に渡って行うことで、着実にPDCAサイクルをメンバーが習得できることにつながります。また、学ぶ際に例題として「会員拡大」をテーマとしてあげることで、このサイクルを使って会員拡大マニュアルを作成し、会員拡大も同時に進めて行くことがこの担当例会の目的でもあります。その4回の中の第1回目となる今回は、「PDCAサイクルとはなにか」「会員拡大はなぜ必要なのか」ということをしっかりと理解した上で取り組んで行けるように説明を行い、その後には次回の例会で行うプランニングに向けての内容を話し合うグループディスカッションも行いました。各メンバーから積極的な意見も飛び出し活力の溢れる例会になったと思います。

     

山口ブロック協議会奇跡を起こす人財育成アカデミー

  • 日付:6月3日

     

     奇跡を起こす人財育成委員会のブロックアカデミーがカリエンテ山口にて行われました。内容は講演プログラムと実践プログラムに分けて行われました。実践プログラムでは各LOMで分かれてグループワークを行い、実際にSWOT分析やクロスSWOT分析を致しました。最後は各LOMにて発表を行ったことで、今後の事業の参考になったことと思います。

     

ASPAC鹿児島大会

  • 日付:5月24日~27日 場所:鹿児島県

     

     ASPAC鹿児島大会に参加してまいりました。鹿児島アリーナで開催されたジャパンナイトでは多くのLOMのブースがあり地域の特色を前面に押し出したものとなっていました。多くの来場者もあり一つ一つじっくり見て回ることはできませんでしたが、とても貴重な体験をさせて頂きました。また、鹿児島開催ということで黒豚のしゃぶしゃぶ、とんかつ、ラーメンなど食の面でも満喫することができました。栄養もたっぷりつけたのでまた明日から長門でJC活動に邁進してまいります。

     

5月例会

  • 日付:5月16日 場所:藤初
         

     

     5月の定時例会が仙崎の藤初を会場に行われました。先日の訪日事業時に鎭海青年会議所からいただいた席札を机上に置き、理事長も新鮮な気持ちでのぞまれていました。また今月は親睦例会ということで、多くのオブザーバーを招き、バーベキューをしながら、チーム対抗ゲームをしたり、腕相撲対決をしたりと和気あいあいなムードで盛り上がりました。メンバー間やオブザーバーとの親睦を深めることができ、次の事業に向けても団結力を高めるいい機会になりました。

     

山口ブロック協議会球技大会並びに前夜祭

  • 日付:5月12日~13日 場所:柳井市

     

     5月12日(土)13日(日)柳井にて山口ブロック協議会球技大会並びに前夜祭が開催されました。前夜祭では長門のムードメーカー丸髙&川上コンビが自然薯早食いに挑みました。結果はイマイチでしたが、笑いはそこそことれ、山口JCと萩JCとの対戦が決まりました。引き続き2次会・3次会と翌日の必勝を誓い盛り上がりました。さて肝心な球技大会ですが、心配された雨も何とかもちギリギリ野球をすることができました。1試合目 長門10-20山口。初回10点先制もまさかの逆転負け。2試合目 長門7-11萩。最終回に打者一巡の猛攻もあと一歩及ばすと、今年も1勝をあげることはできませんでしたが記録にも記憶にも残る2試合となりました。参加者全員がヒーローになった1日でした。

     

わんぱく相撲 長門場所

  • 日付:5月3日 場所:長門市湊漁港付近

     

     山口県漁業協同組合湊支店付近にある湊市場横の特設会場にて「第25回わんぱく相撲長門場所」が開催されました。天気が大会直前まで雨予報ということで外開催が危ぶまれて居ましたが、みんなの思いが通じたのか無事に晴天の中終えることができました。今年から県内全域の小学生が対象となり、下関市や遠くは岩国市からも参加をいただき、子供たちの元気な取組で盛大に行われました。見事に4・5・6年男子の部で優勝し、7月末に東京の両国国技館で行われる全国大会に参加する選手も決まりました。次は全国の舞台で元気に暴れる姿を見せてもらいたいですね。

     

ながとCM甲子園2018

  • 日付:4月30日
         

     

     いよいよ新規事業「ながとCM甲子園2018」がスタートしました。今回、事前オリエンテーションが行われました。このオリエンテーションでは、

     

    1.事業内容やタイムスケジュールの説明会

    2.コミュニケーション力を高めるワークショップ

    3.動画を作る際のポイントを学ぶセミナー

    4.動画編集教室

     

     などなど盛りだくさんの内容でした。 会場にいた高校生たちは終始笑顔がこぼれていて、とても和やかなムードの事業となりました。高校生たちには、オリエンテーションで学んだことしっかり生かして素晴らしいCMを作ってもらえたらと思います。

     

鎮海JC訪日

  • 日付:4月21日~22日 場所:長門市内各所

     

     姉妹締結しています韓国鎮海青年会議所のメンバーが訪日され、夏の事業に向けた打ち合わせを行いました。会議では両メンバーで様々な意見交換があり、充実した会議を行うことができました。会議後もお互いのお土産交換・懇親会、空いた時間は長門市内の観光によりしっかりと友情を深める事もできました。一期一会を大切にしっかりと夏の事業に向けて準備を進めていきたいと思います。

     

4月例会

  • 日付:4月11日 場所:美祢グランドホテル
     

     

     4月11日(水)美祢グランドホテルにて、一般社団法人美祢青年会議所4月例会・公益社団法人長門青年会議所第654回例会が開催されました。近年、美祢青年会議所様との合同例会は親睦例会が続いておりましたが、今年は講師に松原敦子様を御招きし「マナーアップ講座」が行われました。2012年に開催された美祢青年会議所様との合同例会も、講師は異なりますがビジネスマナー講座が行われましたが、当時受講していない会員が増えてまいりましたので、JCマン又は社会人としての基本となるマナーを学ぶ良い機会だったのではと思います。また懇親会では、両ロム会員共に大いに盛り上がり、更なる友情も深まったのではないかと思います。

     

3月例会

  • 日付:3月12日 場所:萩市 御厨・高大
       

     

     3月12日(月)萩の御厨・高大にて、一般社団法人萩青年会議所3月例会・公益社団法人長門青年会議所第653回例会が開催されました。会場入り口では、大勢の萩青年会議所会員の皆様に御出迎え頂きました。今年は明治維新150年の節目の年という事で、担当例会では萩博物館特別学芸員の一坂太郎様を御招きし「明治維新150周年 逆境を乗り越えるための先人たちの信念」をテーマにご講演頂きました。学生時代に教わった歴史とは一味も二味も違う御話を伺う事が出来、今までの歴史観が一新されました。懇親会では萩と長門のメンバーが同じテーブルを囲み交流を深めました。合同例会の素晴らしさと青年会議所の繋がりの強さを実感しました。

     

ながとサクラ街道 in 俵山

  • 日付:3月11日~12日 場所:俵山スパスタジアム

     

     晴天の下、俵山・行政・大津緑洋高校日置校舎の方々と共に約2,600株の芝桜を俵山スパスタジアム花壇に植栽しました。5ヵ年計画で進めてきたこの事業も本年が最後の年になります。これまで俵山スパスタジアム法面を中心に植栽してきましたが、鹿等による鳥獣被害、土壌不良等もあり、芝桜が中々うまく根付きませんでした。昨年は、新たな植栽場所を模索、また法面への植栽方法を検証する年として、実行委員会で考察いたしました。その結果を踏まえ、本年度の事業を開催し、最後の植栽作業を無事終えることができました。早速、翌日には鹿対策が甘かったこともあり、若干の被害にあいましたが、一面に網を張り対策の強化をしました。自然には勝てませんが、対策しつつこのまま根付いてくれればと思います。いよいよ来年はラグビーワールドカップ開催の年です。キャンプ地に選手や多くの方が訪れるころに花が咲き乱れることを祈念しています。毎回の芝桜でお出迎えする画を思い描いています。末筆になりますが、5年間ご協力頂きました様々な方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

    2018年度ながとサクラ街道in俵山実行委員会 実行委員長 岡本旬史

山口会議2018

  • 日付:3月3日 場所:山口グランドホテル
       

     

     3月3日に小郡にて2018年度の山口会議が開催されました。本年度の山口ブロック協議会のスローガン「奇跡感謝の心と 限りなき挑戦」を掲げ、畑ブロック会長による所信表明が行われました。山口会議終了後は懇親会が開催され、合間にはブロックの委員会の事業紹介が行われ大いに盛り上がりました。2018年度の山口ブロック協議会の活動内容を知るよい機会になったと思います。

    直前理事長 黒瀬英樹

2月例会

  • 日付:2月15日 場所:長門商工会議所3階
     

     

     2月15日(木)長門商工会議所にて、社会青少年・指導力開発委員会が担当で第652回例会が開催されました。担当例会では長門市長 大西倉雄様を講師に御迎えし「市民協働とは」をテーマに講演・意見交換を行いました。講演では、行政単独・または市民だけでは解決できない問題を相互に補い合い問題を解決していくプロセス等を具体的な事案を参考に伺いました。当会議所も、市民と一緒にJC活動・運動をどの様に展開していくかを考えさせられる例会でした。また、この講演をきっかけに市民協働活動へも積極的に参加し、共に長門市の発展に寄与していきたいと思いました。

     

市民駅伝

  • 日付:1月28日 場所:長門市
         

     

     悪天候の中、皆の力で無事たすきを繋ぐことができました。走る人だけでなく、それを支えてくれる方々がいて成立するものだと改めて感じました。一つの目標に向かって皆の力で頑張ることの素晴らしさを経験できました。

    総務国際室 品川 博

京都会議

  • 日付:1月18日~21日 場所:京都

     1月20日、21日と京都会議に6名で出席してまいりました。わんぱく相撲の登録、そして会頭の所信を聞くことで、本年の事業も気持ちを引き締めて取り組んでいかなければならないと思える会議になりました。

    専務理事 川上英宏

1月総会懇親会・1月例会

  • 日付:1月10日 場所:大正館

     

     第54回1月総会・懇親会、第651回例会が、1月10日(水)大正館にて開催されました。総会第1部では、2017年度の事業・会計の報告、直前理事長となる黒瀬英樹君の退任の挨拶、及びプレジデンシャルリースの引き継ぎが行われました。第2部では、2018年度の事業・予算が可決し、植中篤史新理事長からスローガン『 糸 ~ともに縁び、ともに織りなす~』のもとメンバー一丸となって活動して行こう。と挨拶がありました。引き続き、第651回(1月)例会が行われ、新理事役員達からの挨拶もありました。その後の懇親会では、大西市長をはじめ多くの来賓の皆様・末永明典OB会会長をはじめとする長門青年会議所OB会の皆様にお越し頂き、無事盛会に執り行われました。

    総務国際室 入江孝倫

新年参拝

  • 日付:1月5日 場所:飯山八幡宮

     

     1月5日(金)飯山八幡宮にて、毎年恒例の新年参拝を行いました。上田宮司より、戌年は草木が枯れる「滅」という意味があるが、それは次の年に新たな命を生むために休眠し力を蓄えるという意味でもあるというお話がありました。長門青年会議所も経験豊富なメンバーが卒会し、JC歴の浅いメンバーが多くなりました。この時期をピンチと捉えるのではなくチャンスと捉え、しっかりと組織を創り、新たな時代へと進んでいければと思います。参拝後の理事役員会では植中理事長から「耐雪梅花麗」という言葉のように、厳しい時期をしっかりと絶えて麗しい花を咲かせましょうと挨拶があり、2018年度長門青年会議所、植中丸が力強く出航しました。

    総務室長兼事務局長 岡本旬史

市長訪問

  • 日付:2017年12月25日 場所:長門市役所
       

     

     市民協働について、長門市長 大西倉雄様に2月15日に講演会をしていただきたく、12月25日 長門市役所へと訪問させていただきました。長門市の発展のため私たちも積極的に行動していかなくてはならないと再認識しました

    社会青少年・指導力開発委員会 金子杏梨